Schedule

【イオンシネマ京都桂川】でロードショー!

日程:2018年10月20日(土)〜 11月1日(木)

時間:11:40〜13:10(10月20日〜10月25日)

   09:45〜11:15(10月26日〜11月1日)

会場:イオンシネマ京都桂川

舞台挨拶:10月21日(日)11:40~13:30 (高野祐衣、立川晋輔監督)


【京都国際映画祭2018】で京都初上映!

日時:2018年10月13日(土)19:10〜20:45

会場:イオンシネマ京都桂川

舞台挨拶:高野祐衣(元NMB48)、お~い!久馬(ザ・プラン9)、清水圭、おいでやす小田、立川晋輔監督

レポート:https://kiff.kyoto.jp/news/detail/103

Story

想いを伝えられぬまま逝ってしまった幼馴染が、

オッサンになってかえってきた!?

女子高生×オッサンが紡ぐ、青春ファンタジー

高校三年生の冬、葵(高野祐衣)は絶望の中にいた。幼い頃からの友人で、毎朝、近所のポストで会い、登校をともにする仲だった慶太(大八木凱斗)が、突然、亡くなったのだ。悲しみを通り越して涙も出ない葵の前に、突如、冴えない中年男(お〜い!久馬)が出現。自分は亡くなった慶太だと言い出し、「今日だけ一緒にいてほしい」と懇願される。疑いを抱いたまま、渋々、中年男につきあう葵。中年男は本当にあの慶太なのか? その背後に見え隠れする怪しい男の正体は? 限られた時間の中で、中年男は葵にメッセージを残そうとするが、その想いは葵の心に届くのか・・・。

Cast

元NMB48・高野祐衣、映画初主演。

本作が映画初主演となる高野祐衣(元NMB48)。素直になれない女子高生・葵役をみずみずしく演じている。冴えない中年男役には、3人組お笑いユニット「ザ・プラン9」のリーダーであり、脚本家や漫才作家としても活躍する、お〜い!久馬が好演。葵の幼馴染・慶太役には京都市出身の俳優・大八木凱斗。他に、清水圭、おいでやす小田ら京都出身の吉本芸人が個性ある演技で脇を固める(詳細はMain Castページ参照)

Outline

京都府京都市の「地域発信型映画」

本作は、吉本興業が全国各地で地域住民の協力を得て作る「地域発信型映画」の京都府京都市の作品。京都市在住の小学生が書いた絵日記「ポストの前」を原案に脚本化され、絵日記に登場する実在のポストをはじめ、オール京都ロケで撮影を行った。高校のシーンでは、同校の在校生がエキストラで多数出演。いわゆる“観光地”ではない、日常の京都を舞台にした青春ファンタジー映画が誕生した。

Trailer

Instagram